スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

NO.6 #7ーあさのあつこ 

子ども産んでる間に、#7どころか、#8も出てました。

収容施設へ遂に潜入。
NO.6の兵士との厳しい戦いの中、紫苑の本性(?)がチラチラ出てきました。
これにも何か秘密がありそうです。

しかしネズミ「俺が紫苑を巻き込んだ」って、私から見れば逆だと思うんですけど…
その辺りが、魔性紫苑のなせるわざでしょうか。

死亡フラグ立ってた人もやっぱり死んじゃったし、沙布の様子は気になるし、早く次の巻読みたい~

スポンサーサイト
☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

NO.6♯6-あさのあつこ 

NO.6〔ナンバーシックス〕#6 (YA! ENTERTAINMENT)NO.6〔ナンバーシックス〕#6 (YA! ENTERTAINMENT)
(2007/09/22)
あさの あつこ

商品詳細を見る

矯正施設の地下には街があった。
そこで、紫苑は『老』と呼ばれる人物に会い、NO.6と、ネズミの物語を聞かされる。


イヌカシや力河は、さんざんネズミをイカサマ師、ペテン師、詐欺師と性質(たち)の悪さを罵っていますが、騙される側に「騙された」と気づかれる分だけ、可愛い気があるのでは?
ネズミだけでなく、イヌカシ、力河、沙布、小ネズミ、富良、溝鼠と、次々無自覚に手玉に取っちゃう紫苑の方が、よっぽと性質が悪いと思うのですが(笑)

NO.6と、ネズミの秘密が少しずつ明かされてきた♯6。
ついに、次巻から矯正施設内部への侵入です。
一体どうなるのか、ハラハラワクワクドキドキしますが、発売は恐らく1年後。
待ちきれません~~!


☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

NO.6♯5-あさのあつこ 

NO.6(#5) (YA! ENTERTAINMENT)NO.6(#5) (YA! ENTERTAINMENT)
(2006/09/12)
あさの あつこ

商品詳細を見る

矯正施設は、人狩りに便乗して侵入したネズミと紫苑。
紫苑がそこで見たのは、この世の地獄たった・・・。


ネズミが、切ない!切ないです!く~!!
紫苑にめちゃめちゃ振り回されています。本当に可愛そう。

「あんたに紫苑のままでいてほしい」と哀願するネズミ。
これから、紫苑に何が起こるのでしょうか。


☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

NO.6♯4-あさのあつこ 

No.6 (#4) (YA!ENTERTAINMENT)No.6 (#4) (YA!ENTERTAINMENT)
(2005/08/23)
あさの あつこ

商品詳細を見る

力河の元に女を買いに訪れたNO.6の高官から、矯正施設について詳細を聞き出す紫苑とネズミ。
季節が移り変わっても、生きて共にいようと話す紫苑の目の前で、ネズミは突然倒れる。
ネズミの身に一体何が起こったのか・・・。

イヌカシ、あんまり昔話をしたり、「おれだけは、生き延びてみせる」なんて言ったりしてると、『死亡フラグ』立っちゃうよ!とヒヤヒヤした♯4でした。
まあ、登場人物全員立ちそうなんですけどね、このお話し。
(実はすでに#6まで読み終えていますが、明らかに一人立ってる人がいます・・・、だ、大丈夫かな、ハラハラ)

紫苑のもう一つの面がはじめて出てきました。
主人公の一人としては、パンチが弱いと思っていましたが、やっぱりただの天然のお人よしじゃ終わらないのですね。
ネズミの不安そうな様子が印象的です。


☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

NO.6♯3-あさのあつこ 

No.6 (#3) (YA! ENTERTAINMENT)No.6 (#3) (YA! ENTERTAINMENT)
(2004/10/09)
あさの あつこ

商品詳細を見る

イヌカシの元で働き始めた紫苑。
少しずつ西ブロックの生活に馴染んできた紫苑に内密で、ネズミは紫苑の親友沙布が送られた矯正施設を調べ始めた。

ネズミが気の毒です。
紫苑に尽くしまくってます。
それなのに、あっさり置いてかれそうになるし、隠し事をしたと殴られるし・・・。
ネズミ好きの私には涙を禁じえません!

それから、二人に突っ込むのもうやめました。
だって、XXもしちゃうんですよ。特に抵抗感なく。
男同士とか考えないことにしました。そんなのどうでも良いくらい、面白いし。

文庫版の購入を検討しています。この巻は児童書の方で読んだので、読み比べが楽しみです。


NO.6 [ナンバーシックス] ♯3 (講談社文庫)NO.6 [ナンバーシックス] ♯3 (講談社文庫)
(2007/08/11)
あさの あつこ

商品詳細を見る

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

ラスト・イニング-あさのあつこ 

ラスト・イニングラスト・イニング
(2007/02)
あさの あつこ

商品詳細を見る

「バッテリー」のスピン・アウト作品。ねじくりまわってる、瑞垣が主な視点で、「バッテリー 6」のあの試合後が綴られます。

高校野球の有名高校への推薦を蹴って、地元の高校へ進学した門脇。そして、野球部の無い進学校に入った瑞垣。
あの試合から2ヶ月たったが、瑞垣は一度も門脇に会っていない。
周囲は瑞垣に、門脇に一度会って話せとせっつく。
しかし、野球を捨てた瑞垣にも、まだ心に重い枷があって・・・。


「バッテリー 6」で、どうもすっきりしなかった人には必読です。
あの試合結果のことではなく、登場人物達の着地点、そしてこれからが、この本を読んで少し見えた気がしました。
まあ、お気に入りの瑞垣が堪能出来たってのもあるんですけどね(笑)


天才というものの存在を秀吾によって、教えられた。そういう相手から、惜しみない称賛など与えられたくない。どう足掻いたって敵うわけもない相手から真面目に称えられることの屈辱。
だからな、秀吾、もう勘弁してくれよ。おれをそんな目でみるな。どこに行くのもいっしょで、日がな一日ころころと遊び呆けることのできたガキの頃と同じ眼差しで、おれを称するな。頼むから秀吾。おれをおまえから解き放ってくれ。


聡い瑞垣の苦悩を通して、登場人物達の苦悩と歪みが浮かび上がってきます。
「バッテリー」では、巧という核を中心に物語があったのですが、少し離れて眺められたお陰で、「バッテリー 6」を読んだ後の、混沌とした気分がちょっと晴れた気がします。
う~ん。やっと「バッテリー」を読み終えたかな。

瑞垣のお兄ちゃんぶりに爆笑。キャラが違ってるよ(笑)
逃げろ!海音寺!!


☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

NO.6♯2-あさのあつこ 

NO.6  〔ナンバーシックス〕  ♯2 (講談社文庫 (あ100-2))NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫 (あ100-2))
(2007/02/10)
あさの あつこ

商品詳細を見る

2017年 聖都市《NO.6》を追われた紫苑は、西ブロックでネズミと暮らし始める。
そこには紫苑が想像もしない世界があった・・・。

ネズミの格好良さが倍増。何かと言うとシェイクスピアなどの古典を、紫苑に押し付ける所が笑えます。
それに比べると紫苑はどうも私は・・・、ネズミがイライラしちゃうのも分かります。
二人の対比がこのお話の重要ポイントなのですから、しょうがないのですが。


しかし、この♯2で特に思ったのですが、なんかBL臭がしませんか?私の気のせい??
でも、あさのさんの私が今まで読んだ作品は、どれも大なり小なりしてたような・・・。
はっ!!そう言えば「あさのあつこ完全読本」で三浦しをんさんと対談してましたよね、本屋でぱらぱら見ただけなので、内容は覚えてませんが。

三浦しをんさん → BL大好き

やっぱり気のせいじゃない?!(しをんさんに大失礼)


児童書でBL臭をさせるあさのさん、ある意味すごい。


NO.6(ナンバーシックス)#2 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6(ナンバーシックス)#2 (YA!ENTERTAINMENT)
(2004/02)
あさの あつこ

商品詳細を見る

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

NO.6♯1-あさのあつこ 

NO.6♯1 (講談社文庫)NO.6♯1 (講談社文庫)
(2006/10/14)
あさの あつこ

商品詳細を見る

2013年の未来都市《NO.6》で、紫苑は最高ランクのエリートとしてなんの不自由もない生活をしていた。
12歳の誕生日の嵐の夜に、「ネズミ」と名乗る少年に出会うまでは・・・。


ネズミがカッコいいですね♪
あさのさんの少年はみんな魅力的なので、いつもやられちゃいます(笑)
紫苑も良い子なのですが、やはりちょっと影があるキャラクターのほうが私は好みです。

もともと児童書だったのを加筆訂正し、文庫で発行されたこの本ですが、どこが変わったのかとても気になります。
結構グロイ表現や残酷な部分が多く、児童書としては引っかかりそうな所が多々ありました。
なにが引っかかるか私には分からないのですが。

しかし、沙布が紫苑に告白をする時のセリフ「あなたの○○がほしいの」「わたし、あたなと×××したいの」は流石にこのまんまじゃないですよね!(伏字にすると、なんか卑猥だなぁjumee☆faceA107
でも、ここで沙布が紫苑に言うセリフは、この表現以外はありえない、ってぐらいに嵌っています。


機会があったら、児童書版と文庫版を読み比べてみたいですv


NO.6(ナンバーシックス)#1 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6(ナンバーシックス)#1 (YA!ENTERTAINMENT)
(2003/10)
あさの あつこ

商品詳細を見る

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。