スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

借金取りの王子-垣根 涼介 

借金取りの王子借金取りの王子
(2007/09)
垣根 涼介

商品詳細を見る

前作「君たちに明日はない」に引き続き、読ませていただきました。
そして、前作と同じく真介は色々な人の首を切っていきます。
同じリストラでも、本当に色々な事情がありますね。必ずしも仕事が出来ない人ばかりが対象になるとは限らない、社会の歪みを感じます。

そんな仕事をしながら、真介はリストラ業務以外の仕事を自分の力で開拓していきます。
やっぱり、辛かったんだね。
そんな真介に思わず「がんはれ!」と応援しちゃいました。

しかーし!やっぱり君の恋愛面は私は納得がいかん!!

君は前回の失恋で、何も学んでいないのか!?
陽子さんが、もし社長に走っても君は責める権利なんか無いぞ!
なぜなら、真介には「借金取りの王子」の彼ほどの覚悟を、陽子さんに持っていないからだ!
やはり君は美代子さんと付き合って、色々揉まれたほうが世の女性達のためだ!!

と、またまた一人で息巻きながら、読んでいました(笑)。
う~ん、だって陽子さんなんだか不安そうなんだもん。だから夢に見ちゃうんだよね。

続きそうな終わり方なのですが、続くのかな?
今は、小説新潮では連載していないようですが、続きが気になるので、続編希望!です。


スポンサーサイト
☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

君たちに明日はない-垣根涼介 

君たちに明日はない君たちに明日はない
(2005/04/01)
垣根 涼介

商品詳細を見る

村上真介の仕事は、いわゆる首切りだ。
あらゆる企業のリストラ業務をアウトソーシングされてる会社で、面接官をしている。
リストラ対象者を調べ上げ、いかに穏便に自己退職をさせるかが仕事の要だ。
「これを機会に、新たに外の世界にチャレンジされるのも一考かと思われますが、いかがでしょう?」
真介は、相手にそうにこやかに告げる、「いったいおれは何様だ」と心で罵りながら・・・。


設定が設定だけに、どんな泥沼なお話しが詰まっているのかとドキドキしながら読んだのですが、それぞれのお話しに出てくるリストラ対象者のほとんどが、辞める辞めない関係なく、救われる結末で安心しました。

離職という人生の大きな岐路に立つ時、否が応でも自分の過去や、これからの将来を深く内省します。
そういった人々の心のうちを、本人や面接をする真介の目を通して眺めることで、会社や仕事、人間関係や生き方など、様々なことを考えさせられました。

こんな非道な職業に就きながら、意外に真介が情に脆く、親近感を持ちました。
まあ、これで真介が非情な人間だったら、読む気無くしますけど(笑)

しかーし!!私は君の女性の嗜好はどうかと思うぞ!

年の差カップルなのは、個人の恋愛だし良いと思うんだけど、君は30代以下の女性は「面倒臭い」と思ってるから、40代の女性に惹かれるのではないのかね!
20代、30代の女性が、「面倒臭い」のは当たり前じゃないか!そういうのを抜かして美味しいとこ取りしているように、私には見えるぞ!
君は、アシスタントの美代子さんに行くべきだ!!

と、一人で息巻きながら読んでいましたwww
男性と女性では、受ける印象変わるのかな。
私も、年を取っていく女性の一人として、ラストシーンの「去り行く者」には酷く胸が痛みました。



君たちに明日はない (新潮文庫 (か-47-1))君たちに明日はない (新潮文庫 (か-47-1))
(2007/09/28)
垣根 涼介

商品詳細を見る



続編読みました。コチラもどうぞ♪
「借金取りの王子」

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。