スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

乱鴉の島-有栖川 有栖 

乱鴉の島乱鴉の島
(2006/06/21)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

Tell me what the lordly name is on the Night's Plutonian shore!
(夜の冥府の荒磯では、お前は何と呼ばれるか?)
Quoth the Raven
(大鴉は応えた)
Never more
(またとない)

(エドガー・アラン・ポー 「The Raven(大鴉)」)


命の洗濯のため、三重県の鳥島(とりしま)に観光に行った火村とアリス。
間違いで、烏島(からすしま)と呼ばれる黒根島の海老原邸に宿泊することに。
過疎化が進み、無人島となった黒根島。そこで集まる人々には、ある共通した秘密があった・・・。

アリスで、孤島ものですよ!ワクワクしますね!!
でも、私、孤島ものって言われて思い出すのは綾辻さんの『十角館の殺人』より、ゲームの『かまいたちの夜2』という人間なので(笑)
(注:このゲームの方が面白かったという意味ではありません)

大好きなシリーズなのですが、正直言うとこちらの本の評価は、自分の中ではちょっと下がります。
『黒根島の秘密』の部分がどうも・・・。火村助教授の推理が、ほとんど根拠の無い推測の域を出なくて、釈然としませんでした。(本人も言ってましたが)
このブログでは、マイナスの感想は書かないと決めていましたが、大好きな分だけ辛い感想を書かせて下さい。

う~ん、短編の方がこのシリーズは好きかな。


余談その1、ミステリーランドの「虹果て村の秘密」って、こっちのアリスが書いたことになってるんですね!良かった~、「『学生アリス』シリーズだけじゃ、アリス、作家として食っていけないよ!」と気を揉んでいたので(笑)

余談その2、火村助教授は、これから火村准教授と呼び方変わるんですか?法律改正してから、それが一番気になっているのですが・・・。


スポンサーサイト
☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。