スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

球体の蛇ー道尾秀介 

マイナスなコメントです。ご注意下さい。


いつもの伏線がほとんどなく、結末も道尾さんお約束のどんでん返しもありませんでした。


こういった路線を続けるのは苦しいと思いますし、そろそろ違った道尾さんのお話も読みたいなぁと思ってましたが、正直私は今回楽しませんでした。

登場人物たちのどこにも共感をもてず、ただ気分の良くない過去をダラダラと聞かせられ続けられた感じがします。


道尾さんは、デビュー作から、全部読んでいますが小説はどんどん上手くなってると思います。
でも、私が最初に「背の眼」を読んだ時に好きになった所が、無くなってしまってきている気がします。

少し残念です。

スポンサーサイト
☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

花と流れ星ー道尾秀介 

短編が雑誌に発表されていると聞いてから、待ちわびていました。
ハードカバーは借りる主義ですが、思わず買いに本屋に走っちゃいました。


最近道尾さんは、ダークなお話が多かったので、のんびり安心して読ませていただきました。
この本も、哀しいお話ばかりなのですが、ホラー作家道尾がいいボケで、場を和ましてくれます。
ちょっと、有栖川有栖さんの火村准教授シリーズのアリスっぽい役ですよね。

でも、このシリーズってホラーじゃなくなっちゃったんですかね。
前作から、バリバリのミステリで、ちょっと不思議も入れて欲しいなぁと思ったり。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

龍神の雨ー道尾秀介 

今回は、素直に読んで、素直に騙されました。
伏線回収にちょっとスッキリしない箇所もありましたが、相変わらず騙すのがうまいですね、道尾さん。

転がるように、最悪の状況に陥っていく二組のきょうだいに切なくなりました。

道尾さんは全体的にブラックなお話が多いですね。
そろそろ「背の眼」の二人組(あっ、三人組だった)の、のんびりした漫才が読みたいです。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

鬼の足音ー道尾秀介 

道尾さんらしい捻りのきいた短編集です。
上手いなぁ、と関心する事しきりでしたが、とにかく暗くて、救われない話ばかりで、ちょっと私好みでは無いかも。
「向日葵の~」系のお話でした。


直木賞は残念でしたが、なぜこれで候補にあがったのが少し釈然としないような気がします。
面白かったですが、道尾さんなら、別の本を推すのになぁ、という感想は今までの直木賞受賞作みんなに感じることなのですけどね。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

カラスの親指ー道尾秀介 

道尾さんのお話には、何時も何時も騙されてしまうので、最近読むと「これは伏線か!」「このエピソードはミスリードか!」とか、騙されまいと目を皿にして読んでしまいます。

そのお陰か、今回はそんなにヤラレタ感は少ないのですが、なんだか疲れて楽しめなかった…


ミステリ好きの方にはは、メモを取りながら、犯人当てに情熱を燃やす楽しみ方もあるそうですが、私は予想外の結末で上手に騙されると嬉しくなっちゃう人間 なので、本の楽しみ方を間違えてしまった気がしてなりません。

次回はもっと素直に道尾さんの本を読もうっと(-o-;)

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

骸の爪―道尾秀介 

「背の眼」の続編です。
前作の「ホラーなの?ミステリーなの?」が好きだったので、今回ミステリー寄りなのが残念でした。

このシリーズ、短編もあるそうなので短編集が出るのを心待ちにしてます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

シャドウ―道尾秀介 

いっつも道尾さんには騙されるので、「こう来たら、普通そうなるけど、道尾さんなら絶対ならないから、どうなるんだ?」とドキドキしながら読んでました。

ちょっと釈然としない所もありましたが、楽しく読ませてもらいました。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

向日葵の咲かない夏― 道尾秀介 

評価の分かれる作品と聞いてましたが、読んで納得。
どんなスタンスで読めば良いのか、戸惑いました。

私は、否も是も言えませんが、読了後の切なさは、筆舌しがたいものがありました。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

ラットマン-道尾 秀介 

ラットマンラットマン
(2008/01/22)
道尾 秀介

商品詳細を見る

『ラットマン』とは、ネズミとも人の顔とも見えるトリックアートのことである。
アメリカ、バッファロー大学での実験で90%もの人間が、人の顔をいくつも見たあとではラットマンを人の顔に、動物の絵をいくつも見たあとではネズミだと思った。
人は思い込みによって、容易に騙されてしまう。

騙されました。やっぱり騙されちゃいましたよ。
警戒してるのにやられちゃうんですから、道尾さん本当に上手いです。
残りのページ数で、今後の展開を予測しようとする私は、2時間ドラマの俳優さんのランクで犯人を見極めようとする母親並に、間違ってると思いますが、それでも最後のどんでん返しはヤラレました。
やさしい、でも切ない結末です。

道尾さんの本は、これで4冊目ですがこのお話が一番上手に騙されました。
騙されたい方!オススメです!!


☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

片眼の猿-道尾 秀介 

片眼の猿 One‐eyed monkeys片眼の猿 One‐eyed monkeys
(2007/02/24)
道尾 秀介

商品詳細を見る

盗聴専門の探偵事務所『ファントム』の探偵、三梨はある企業の産業スパイの仕事中、殺人現場を盗聴してしまう。
その時の状況で一番疑わしいのは、この仕事のため新たに雇い入れた夏川冬絵なのだが・・・。

終盤で明かされる様々な真実に、「そう来たか」と騙される喜びを感じました。
予測外の結末は、、ミステリ好きにはたまりません。

ただ、ハードボイルド系の探偵ものがあまり好きでないのと、登場人物達にどうも愛着がわかず、途中テンション下がってしまいました。ちょっと、納得出来ないところもありましたしね。

それでも最後が良かったので、本自体には満足しました。
ミステリは終わり良ければ、ほとんど良しになっちゃうジャンルです(笑)



☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。