スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

川の光-松浦 寿輝 

川の光川の光
(2007/07)
松浦 寿輝

商品詳細を見る

クマネズミの親子、タータとチッチとお父さんは、川辺で楽しく暮らしていた。
しかし、ある日突然、川が工事でなくなってしまうことに・・・
タータ達は次の住む場を求め、川の上流を目指して旅立った。


クマネズミの親子たちの冒険譚なのですが、次々起こる危機を、知恵と勇気と友情で乗り越えていきます。
助けてくれる友達がまたみんな良い感じです。
ゴールデン・レトリバーのタミー、ドブネズミのグレン、ロシアンブルーのブルー、スズメの親子、モグラの親子、田中動物病院の先生、小学生の圭一君、爺さんネズミ。
特に好きなのが、タミーです。


「やあ、ぼくはもうお座りも伏せもできるんだよ。ゴロンもできるんだよ。こないだ海に連れてってもらったんだよ。ずいぶん泳げるようになったんだよ。でもぼくは女の子なんだよ。ぼくの名前はタミー」(中略)
「そお?凄いかな?」と言いながら跳ね起きた。「凄いかな?凄いかな?凄いかな?」と繰り返し、ぴょんぴょん跳ねながら体をその場でぐるりと一回転させ、またお座りの姿勢に戻って問いかけるようにタータをじっと見下ろした。


ゴールデン・レトリバーがしゃべれたら、きっとこんなこと言ってるね!と思える表現に思わず笑ってしまいます。
あまりのリアルさに感心していましたら、どうやらこのタミー、松浦の飼い犬タミーがモデルだそうです。どうりで(笑)

小さな小さなネズミ達が一生懸命生きているさまにひどく心を惹き付けられます。
『一寸の虫にも五分の魂』
そう子どものころ教えられましたが、毎日の生活で思い出すことはほとんどありません。
相手を思いやれる想像力が、今の私達に一番必要な力なのかもしれません。

ちょっと長いですが、是非子どもに読み聞かせしたいお話です。


スポンサーサイト
☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。