スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

和菓子のアン―坂木司 

面白かったです。
何度か爆笑してしまいました。
特にオトメンの立花さんがツボです。


ラストの『来るがわかりにくし』の待ち人の言葉に、立花さんのように乙女心をきゅんきゅんさせてしまいました(笑)

分かりにくすぎて、ちっとも気が付かないアンちゃんと両思いになるのは何時なのかしら…。

坂木さんのお話は、続きが気になるものばかりで、困ってしまいます。

スポンサーサイト
☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

動物園の鳥-坂木 司 

動物園の鳥 (創元推理文庫)動物園の鳥 (創元推理文庫)
(2006/10/11)
坂木 司

商品詳細を見る

ひきこもり探偵鳥井真一とその友人坂木司の元に、栄三郎と安次郎から相談が寄せられた。安次郎がボランティアで働いている動物園で、野良猫の虐待事件が頻発しているというのだ。
その事件を調べるうちに、二人は自分達の過去の傷に直面することとなる。
そして、坂木はある一つの決断を下すのだが・・・。

ひきこもり探偵シリーズ完結編。初の長編です。
このシリーズに出てくる人たちは皆傷を抱えています。
いじめにあい、ひきこもりになってしまった鳥井を初め、それを助けようとした坂木さえも。

「青空の卵」「仔羊の巣」、そして「動物園の鳥」を経て、少しずつ鳥井の交友関係は増え、行動範囲は広がっていくのですが、シリーズが終わっても正直鳥井が劇的に変わった印象はありません。坂木とのべったりな関係もさほど変わらず継続していくでしょう。

しかし、それは当然なのだと思います。
二十歳過ぎた大人が、性格や考え方をそうそう変えることは出来ませんし、仕事や生活を気軽にも変えることも難しいです。
そしてなにより、受けた傷は簡単には治りません。
触れられれば声をあげてしまうような傷は、何年経ってもじくじくと痛み、すぐ治ることはありません。
かさぶたになり、新しい皮膚が出来ていき、やがて触られても痛みを我慢出来るようになったとしても、そうした大きな傷は大きな傷痕を残します。
そして、その傷痕が引き攣れ、昔どおりに動けなくなる事もあります。

傷をたちまち治ることはありません。でも、少しずつなら治るところもあるのです。
鳥井も坂木もこのお話の中で、その傷が傷痕も残さず消えて無くなるなんてことはありませんでした。
しかし、このお話しがここで終わっても、これからも二人は傷と向い合い、少しずつでも治していき、そして彼らとその友人たちが、暖かい食卓を囲むことは変わらないだろうと思える結末はとても暖かい気持ちにさせてもらえました。


☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

仔羊の巣-坂木 司 

仔羊の巣 (創元推理文庫)仔羊の巣 (創元推理文庫)
(2006/06/17)
坂木 司

商品詳細を見る

ひきこもりの友人鳥井真一が風邪を引いた。
看病に奔走する中、坂木司は同僚から、同期の女性の様子がおかしいと相談を受ける。
探偵鳥井に頼れないワトスン坂木は、慣れない推理をめぐらせるのだが・・・。

覆面作家である坂木司さんを女性なのでは・・・、と考えるのはこんなお話しを読んだ時です。
「青空の卵」での巣田さんが告白した、性的な対象として受ける理不尽な被害と、被害者なのに非難されることへの憤りもそうですが、「仔羊の巣」で佐久間さんが堰切ったように吐き出した疑問。


ねぇ、生きていくってなに?仕事ってお金のための手段?結婚しなきゃいけないの?結婚したら、子供を産まなきゃいけないの?人生ってなに?書かれたあらすじをなぞるだけの時間なの?いくつになったら、なにをしなくちゃいけなくて、いくつになったら、なにを諦めなくちゃいけないの?
ねぇ、教えてよ!



どこにぶつけていいのかさえ分からないこの疑問は、ある程度の年齢になった女性なら誰もが持つものだと思います。
男女平等だと言われ、働くことを許されながらも、生物として女性が必ず要求される事柄。
矛盾が私達を苦しめます。

これら女性特有の悩みは、男性も知識として知ってはいても、本当の意味で共感することは難しいと思います。
ましてや、小説のテーマとして用い、女性からの共感を得られることは困難なのではないでしょうか?

もし、坂木さんが男性だったら、私はこの固定観念を捨てなければいけませんね。
まぁ、北村薫先生の時も思い切り間違えたので、あまり自分を信用していないのですが(笑)



※この本で紹介されている「うなぎパイ」の見学工場が浜松にあります。
お近くに来ることがありましたら、寄ってみてください。うなぎパイミニを貰えますよv
◆うなぎパイファクトリー◆


うなぎパイミルフィーユ
ここでしか食べられない『うなぎパイミルフィーユ』。パイとアイスを一緒にフォークで食べるのは困難です。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

青空の卵-坂木 司 

青空の卵 (CRIME CLUB)青空の卵 (CRIME CLUB)
(2002/05)
坂木 司

商品詳細を見る

坂木さん、再読中。

外資系の保険会社に勤務している坂木司の友人、鳥井真一はひきこもりだ。
中学の時のいじめが原因で、ほとんど外出せず、仕事も在宅で出来るプログラマーの職につき、買い物はほとんどネットで済ましてしまう。
坂木は、そんな鳥井を少しでも外出させようと、並外れた観察眼と推理力を持つ彼の元に、街で出会った不思議なことを持ち込む。
それらの事件がきっかけで、出会う人々。
二人だけだった世界が少しずつ広がってゆく・・・。


このシリーズの一番の魅力は、話しが進むにしたがって増えていく登場人物たちです。
この「青空の卵」だけでも、男嫌いの巣田さん、視覚障害者の塚田君とその友人の安藤さん、坂木のお客さんで年上の友人の木村さん、などなど・・・。
短編集なので、その度出てくる人物が変わるのは普通なのですが、このシリーズは前のお話に出ていた人が、次のお話しでも出てきて「ふしぎなポケット」の歌みたいに次々と登場人物が増えてきます。
年齢、性別、生活環境、価値観など全く違った彼らが、坂木・鳥井という二人きりの閉ざされたコミュニティに、一人また一人と増え、彼らが一緒に食卓を囲む様子は不思議と心が温まります。

正直、坂木と鳥井のベッタリ感に、はじめは辟易したのですが、「仔羊の巣」「動物園の鳥」と読み進めていくなかで、この歪んだ関係が少しずつ変わっていく様を描くのが、このシリーズの中心なのだから、最初は抵抗があって当然なのかな、と思いました。
増えていく友人らが、この二人の在り様を、すんなり受け止めているのには疑問を感じましたが・・・jumee☆faceA109
彼らも脛に傷を持つ身だからなのかもしれませんね。

3冊すべてを読み直したのですが、以前このシリーズを読んだ時とは違った印象を持ちました。
そのあたりを中心に感想を書きたいと思います。


青空の卵 (創元推理文庫)青空の卵 (創元推理文庫)
(2006/02/23)
坂木 司

商品詳細を見る



☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

ワーキング・ホリデー-坂木 司 

ワーキング・ホリデーワーキング・ホリデー
(2007/06)
坂木 司

商品詳細を見る

「初めまして、お父さん」
元ヤンのホスト、沖田大和はホストクラブで勤務中に小学5年生の少年、進にそう声を掛けられた。
昔付き合っていた彼女が、大和に告げずに産み育て、進には「父親は交通事故で死んだ」と教えていた。進は偶然見つけた大和の写真から、実の父親であることを知り、「一緒にいたい」と押しかけてきたのだ。
ホストクラブから宅配便ドライバーに転職した大和と、あだ名は「お母さん」という所帯じみた小学生進の、ひと夏の生活が始まる・・・。

坂木さんのミステリ部分がないお話です。
以前から書いて欲しかったので、満足~jumee☆faceA114
短気なヤンキー父さんと、ケチ臭い小学生の心暖まるお話で、二人の絡みが楽しかったです。

でも、大和が可哀想です。
母親の由希子は、ヤンキーでムチャばかりする大和に苦労し、失望し、愛想をつかして別れたのですが、父親から子どもを、子どもから父親を、母親の一存で奪うのは残酷だと思います。
由希子、小さい進と一家団欒をする夢をみて、落ち込む大和が切なかったです。

古本屋さんで見つけ購入したのですが、『特別便「ホリデーとホテルと僕」』が付いていなくてガッカリ。
どうにか読む手段は無いのかなぁ~。


※引きこもりシリーズのあの方が名前だけですが、ゲスト出演してましたね。
気づかないだけで、他にも色々あるのかな?


☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

先生と僕-坂木 司 

先生と僕先生と僕
(2007/12)
坂木 司

商品詳細を見る

伊藤二葉、十八歳。人が殺される小説は読めない、極度のこわがり屋なんですけど。

なのに入学したての大学で、二葉は友人に『推理小説研究会』に入れられてしまう。

伊藤二葉。押しにはとことん弱い、受身の十八歳。
流されるままに、生きています。


読んで来いと渡された乱歩の本を、公園でため息を付きながら眺めていると、「家庭教師のアルバイトをしない?」と中学生にナンパをされる。
彼、瀬川隼人は「家庭教師のふり」をしてくれる大学生を探していたのだ。
隼人は、かわりに恐くないミステリを教えてあげる、と持ちかける。
『先生と僕』、どっちが『先生』でどっちが『僕』?


ぐふふふ、今日ちょっと単発のお仕事をしてきまして、思わず単行本2冊も衝動買いをしてしまいました。もう一冊は明日アップしますv
他の買い物もしたので、収支はトントン。
なにしに行ったんだ、私。がっくり

さて、こちらのお話しは、大学生の二葉と中学生の隼人の探偵コンビが活躍する日常ミステリです。
なんと言っても主人公、二葉のキャラが面白い。
冒頭に引用したように、とにかくヘタレでこわがり。
初めての建物に入ると、必ず避難路をチェックし、古いビルのエレベーターに乗れば、「今地震が来たら死ぬ!」とカバンの中のペットボトルとチョコバーを確認する。

そのくせ、5秒で見るものをすべて記憶出来る能力を持ち、探偵役の隼人にいいように活用されます。(普段は避難路確保のために、建物見取り図を覚えるぐらいにしか使ってませんwww)

また、お話しの最後に、隼人が二葉にミステリの「宿題」を出すのですが、それがちょっとワクワクします。
海外の古典のミステリばかりなので未読なものが多いのですが、ミステリ好きには楽しいです。
特に、最後の宿題には笑わせられました。(確かに、卒論前にアレは読まなきゃね♪←これでどのミステリが分かった人、座布団10枚!)

ミステリ面はちょっと弱いですが、ヘタレ好きの私はとっても楽しく読めました。
『特別便「ホリデーとホテルと僕」第三章』も付いていて、買って大満足です!

もっと二葉の『伊藤二葉、十八歳。云々・・・』を読みたいですが、続編の予定とかありません?



↓どなたか!情報求ム!!
「人が死なないミステリの少女漫画」と言えば?

続きを読む

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

シンデレラ・ティース-坂木 司 

シンデレラ・ティース-坂木 司


青空の卵」などの引きこもり探偵のシリーズが有名な坂木 司さんの作品です。


大学生叶咲子は、夏休みのアルバイトで親のツテで歯医者さんでの受付アルバイトを始めます。
訪れるお客様たちの歯医者さんにまつわる謎を、歯科技工士四谷が次々と解き明かす歯医者さんミステリです。


他作品を読んでも感じましたが、坂木さんって、女性っぽいですよね。
この作品も歯医者さんを舞台にした日常ミステリなのですが、咲子と四谷の中学生並みの恋愛話が添えられており、そのジレジレの内容、とても男性が書かれたとは思えない乙女な感じなんですよ。


作品自体もほっこりとした心温まる内容が多く、坂木さんの作品は引きこもり探偵のシリーズや「切れない糸」など読ませていただきましたが、これが一番好きです。


他の作品を読まれて「イマイチ」と思われていた方も、こちらの作品一度読まれてみてはいかがでしょうか?
ちょっと甘すぎる所もあるかもしれませんが(笑)



シンデレラ・ティースシンデレラ・ティース
(2006/09/21)
坂木 司

商品詳細を見る

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。