FC2ブログ

としょかんライオン-ミシェル・ヌードセン/ケビン・ホークス 翻訳:福本 友美子 

としょかんライオン (海外秀作絵本 17)としょかんライオン (海外秀作絵本 17)
(2007/03)
ミシェル・ヌードセン

商品詳細を見る

参加しているSNS「本を読む人々」でマイフレンドのムクさんに教えていただいた本です。(ムクさん、素敵なご本の紹介ありがとうございます)

町の図書館にある日、大きなライオンが入ってきました。
目録カードの匂いをかいだり、本の棚にたてがみをすりつけたり、絵本の部屋で気持ち良さそうに昼寝をしたり。
図書館のきまりに「らいおんは入ってきてはいけない」という項目はないので、図書館の係りの人はおっかなびっくりらいおんと接しますが…

図書館が大好きなライオンと、図書館の人たちのやさしいお話です。
ライオンがとにかく可愛くて、たまりません。
イラストの表情ひとつひとつがとっても良いです。

絵本は、眺めているだけで穏やかな気持ちになれますね。
素敵なひと時でした。


スポンサーサイト



☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング