スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

怖い 絵-中野 京子 

怖い絵怖い絵
(2007/07/18)
中野京子

商品詳細を見る

キノベス2007で7位の本です。
本屋さんでチェックしていた本だったので、さっそく図書館で借りてきました。

作品を眺め、何を感じ、何を思うか。
それが作品を鑑賞する中で、一番大切だと思っていますが、そこに作品や、作者の時代背景や解説が入ると、がらりと作品から受ける印象が変わる時があります。

こちらの本では、作者や作品を丁寧に解説することで、名画の中にひそむ人の悪意や狂気を浮かび上がらせ、作品の『怖さ』を際立たせています。

例えば、印象派エドガー・ドガの代表作『エトワール、または舞台の踊り子』(サルヴァスタイル美術館より)は、一見華やかなバレリーナを描いた美しい作品に見えます。


ところで、バレエだが、現代の我々はこれをクラシック・バレエと呼び、紛れもない芸術のひとつに数えている。必然的にバレエ・ダンサーを芸術家と見なし、ドガの描くこのエトワールをアンナ・パヴロヴァだのマイヤ・プリツェスカヤだののように思い、バレエを習う少女についても、裕福な家庭の子どもたちのお稽古事のようにかんじてしまうのではないだろうか。
そうではないのだ。


時代背景や、作者自身のバックを知るだけで、美しい作品がくるりと裏返り、陰鬱な雰囲気を滲み出す。
作品の本当の『怖さ』にぞっとします。

ジャンルは絵画についての解説書になるかと思いますが、それほど絵画に興味のない方にも面白く読んでいただけると思います。
絵画の、というより、むしろ人間の『怖さ』が書かれた本だと思いました。


スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

ふえ、面白そうですね。
私も久々に図書館で借りてみようかな。
でも、うちの市の図書館てしょぼいんですよね。
ずいぶん行ってないから少しは良くなったかな?

ゴヤの『わが子を食うサトゥルヌス』(http://www.geocities.jp/sm_morioka/84goya-4.htm)のようにダイレクトに怖い絵も多く、面白かったです。

>うちの市の図書館てしょぼいんですよね。
うちの図書館もしょぼいんですが、ありましたv
案外あるかもしれませんよ

立ち読み

この本、娘のヤマハのレッスンの間待っている時間に本屋さんで立ち読みしてしまいました。
私、こういった本が好きでして・・・。
30分では、流石に読みきれませんでした。
買おうかどうしようか思案しているんです。

>私、こういった本が好きでして・・・。
私も大好きですv

>買おうかどうしようか思案しているんです。
難しいですね。
私は図書館で借り、1回読んで満足しましたが…。

買う価値があるかと言われると悩みますが、読む価値はあるのは保障します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/102-8a9023ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。