スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

カーの復讐-二階堂 黎人 

カーの復讐 (ミステリーランド)カーの復讐 (ミステリーランド)
(2005/11)
喜国 雅彦、二階堂 黎人 他

商品詳細を見る

講談社の「かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド」の一冊です。
言わずと知れた怪盗アルセーヌ・ルパンのミステリ。「813」が大好きな私には堪らないです。

彷徨うミイラ男、謎の暗号文、虫が入る隙間もない密室、秘密の通路と隠し部屋・・・。
く~~!並べるだけでワクワクします。
小学生の時、図書館で借り、ドキドキしながら読んだ本を思い出します。
古典的なこれらの題材は、やはり魅力的ですね。

でも、このお話のルパンに、ちょっと「う~ん」な感じです。
死んだ人間の部屋を探って、ダイヤをちょろまかしたり、裏帳簿を見つけ、恐喝や脅迫の材料にして「金を絞れるぞ」とか言ったりと、どうも私のルパンのイメージと違うような・・・。
原作を読んだのは、遥か昔なので、間違ってるかな。

ドキドキワクワクして楽しかったので、ルパンの格好良い怪盗紳士っぷりを、もうちょっと見たかったな、と思いました。


スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

私も!

小学校の図書室で、「江戸川乱歩シリーズ」や、「怪盗ルパンシリーズ」を借り、読み漁っていました。
たぶん、一生のうちでアノ頃が一番読書量多かったな~。
今は、絵本しか読んでないv-12

こんばんは。
読んでくださって、ありがとうございます。
古典的な題材が生かされてましたね。
私もこのルパンはちょっとダーティな印象だったんですが、
それが二階堂さんの現代風・ハードボイルド風のアレンジなのかも、なんて思いました…。

こちらのコメントに書かれてたので、またオススメさせていただいてもいいですか?。
これが楽しめたなら、こちらもたぶんということで、
五十嵐貴久さんの「シャーロック・ホームズと賢者の石」です。
ホームズものを読んでなくても楽しめますよ、きっと。

>ぱやこさん
私も小学校の図書室には通い詰めましたよ。
「こまったさんシリーズ」とか「王さまシリーズ」も大好きでした。
絵本って、今読むとすごく深いですよね。

>藍色さん、こんにちは
面白い本教えてくださって、ありがとうございました。
なのに、微妙に文句言っててごめんなさいe-466

>現代風・ハードボイルド風
おぉ~~!なるほど!確かにハードボイルドですね!
実はハードボイルドちょっと苦手なので、今回のルパンに抵抗があったのはそのせいなのかもしれません。

面白そうな本のご紹介ありがとうございますv
「ルパン」と「ホームズ」では、どちらというとホームズ派なので、こちらも楽しみです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/105-4132df22

カーの復讐、二階堂黎人

イラストは喜国雅彦。講談社ミステリーランドの1冊。 主な作品、地獄の奇術師(デビュー作)吸血の家、聖アウスラ修道院の惨劇、悪霊の館、ユリ迷宮、人狼城の恐怖、バラ迷宮、悪魔のラビリンス、魔術王事件、など昭和四十年

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。