スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

赤ちゃんをさがせ-青井 夏海 

赤ちゃんをさがせ (創元推理文庫)赤ちゃんをさがせ (創元推理文庫)
(2003/01)
青井 夏海

商品詳細を見る

以前から気になっていたのですが、自分の妊娠を機に読んでみました。

自宅出産専門の助産師、シングルマザーの聡子と、その助手見習い助産師、守銭奴の陽奈のコンビが、「伝説のカリスマ助産婦」明楽先生の助言を得ながら謎を解明する。
という日常ミステリです。

助産師さんのお話だし、ほんわかしたお話しかなぁと思ってましたら、妻を名乗る妊婦が3人もいたり(お母さんをさがせ)、3人も父親を名乗りあげる人物がいたり(お父さんをさがせ)、臨月の妊婦が失踪したり(赤ちゃんをさがせ)と、なんだか初期設定がすさんでます。
また、明楽先生が安楽椅子探偵として、『ミステリ』としての形式は取っているのですが、どうも『人生経験豊かな人物による、根拠の無い推測』の域を出ていないような・・・。

ダメ出しばっかりしてしまいましたが、お話しとしてはとっても面白かったです。
すさんでいた周囲の環境も、助産師コンビのがんばりと、赤ちゃんの誕生という大切な出来事を経て、少しずつ赤ちゃんを迎えられる環境に変化して行き、出産の日時と赤ちゃんの体重が書かれた最後の行を読み終わった時には、ほんわかした気分になりました。

私は病院に通っていますが、昨今の産婦人科医師不足のためか、何時も混んでおり、忙しそうな先生に気軽に質問をすることも憚られます。
こんなふうに、親身にお話しを聞いてくれる助産師さんなら、是非お願いしてみたいなぁと思いました。


スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/127-91eacb53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。