スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

鷺と雪ー北村薫 

大好きなシリーズ三部作最終刊です。

衝撃のラストに、これで終わりなのか?と寂しく思う半面、一番綺麗かなとも思いました。

ただ、各話の謎が「とりあえず入れときました」程度のショボさなのが残念です。
素敵なシリーズだったので、無理に日常ミステリの形態でなくても良かったかなぁと…


あと、ラストの事件とその伏線も、歴史を知らない人にはさっぱりかもしれませんよね。
主人に聞いたら、名前だけは知ってると言ってました。
日本史を取っていた私も、授業でやった程度しか知らないので、見逃している伏線がたくさんありそう…

これを機会に詳しく調べて下さい。てことなのかしら(>_<)
あの辺りの歴史を勉強し直して、シリーズを初めから読み直したいです!

スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

ベッキーさんカッコイイ

このシリーズ、2冊目の「玻璃の天」がいま手元にあって、もうすぐ読む予定です。「鷺と雪」が出た時、紹介文を読んで興味をひかれて、これは最初から読んでみよう、と思って読み始めたんです。
ベッキーさんカッコイイですよね~~。まだ「街の灯」しか読んでないので彼女の正体とかわからなくて、早く続き読まなくっちゃ、と思ってるんですが、例によって図書館本に追いまくられててなかなか読めません^^;
作中に感じられるあの時代の空気感がすごく好きです。文章に品があっていいですよね。「鷺と雪」は図書館であと5~6人目かな。楽しみにしてます♪

ムクさん、こんにちは。
直木賞、受賞されましたねo(^-^)o

これから予約数が凄いことになりそう(笑)

私は二作目の方が好きなんですが(^-^)g"


楽しんで読んでください

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/162-30cbd901

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。