スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

まほろ駅前多田便利軒―三浦 しをん 

まほろ駅前多田便利軒 まほろ駅前多田便利軒
三浦 しをん (2006/03)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

多田はまほろ市で細々と便利屋を営んでいる。
ある日預かっていたチワワが逃げ出したのを追って、高校時代の同級生行天と出くわした。
どこにも行くあてがない行天は多田の事務所に居座わり、そのまま一緒に便利屋をすることになってしまうのだが・・・。


行天がすごく変人です!他にも変な人間がたくさん出てきて、私好みの小説ですよ!
個性的な登場人物が好き勝手マイペースに動き回り、話しがどんどん変な方向にずれて行き、多田が振り回される様子がなんとも愉快です。

しかし、そんな彼らもその身にそれぞれ歪みや傷を抱えています。それでいて飄々と生きる様は、安い同情や共感など受け付けない強さを感じます。

重い内容を含みながらも、それを笑い飛ばしてくれるので結構愉快に軽く読めます。


面白いし私は好きなのですが、正直「直木賞」をしをんさんが取るならば「風が強く吹いている」を待って欲しかったです。
この本がしをんさんの代表作品として、一番先に読まれるのはファンとして複雑な気がします。

やっぱり、文藝春秋で出版したからなんでしょうか?
それが本当ならとても残念です。賞の価値が下がるだけだし、興味を持って手に取った人を裏切る行為です。

本当に面白い本に賞をあげて欲しいと、一ファンとしては願います。

スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/28-d733b7ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。