スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

図書館内乱―有川 浩 

図書館内乱 図書館内乱
有川 浩 (2006/09/11)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


有川さんの「図書館シリーズ」第二弾『図書館内乱』です。
前回のほぼ郁視点の『図書館戦争』と違い、交互に主要登場人物の視点に変わります。


甘々べたべたの有川さんのお話ですが、今回の「二、恋の障害」
乙女の皆さま!!これを読まないと後悔しますよ!
小牧の独白、ときめきました!目を涙で潤ませました!
小牧の正論に拘る理由も心にしんと響きました。

郁と堂上の関係も牛歩の歩みですが、ニヤニヤさせられることしきり。
いいですね!物語の中ぐらいはこんな恋愛を楽しみたいですよ。


今回それぞれの登場人物にスポットがあたっており、前回までの本にまつわる問題提起から離れてしまったかと思いましたが、抑えるところは抑えています。


「四、兄と弟」では図書館の公式HPの中で本を痛烈に酷評するコンテンツが出来、内外に波紋を広げます。

そのコンテンツで「買う価値はまったくない。無駄金を使わないためにもぜひ当館で借りて読むことをお勧めする」と書かれた本を図書館で借りた上で好きになり、買った鞠江はこの評価が図書館の総意のように感じ、傷つきます。


一冊の本を攻撃することは、その本を愛する人を傷つけるということだ。


この本では公的機関が特定の図書を貶める発言をするべきでないと、あくまで図書館がすることが問題であって、個人サイトがすることは問題ない。という結論なのですが、たとえ個人サイトであっても自分の好きな本が酷評されて傷つかない人はいないです。
有川さんは、本当はそれを言いたかったのでは、とそんな見方をしてしまいました。


「レインツリーの国」この本に出てくると知っていましたが、書いた本を登場させたのではなく、この本に架空の本として登場させたら有川さんが書きたくなって、実際出版させちゃった本なんですね!面白い!!
小牧達が愛した本、その反面薄っぺらいと酷評された本。
有川さんの下心付き怨念含んだ祈りのお陰で、すっかり読む気になっちゃいました。
ぜったい読みますよ。楽しみです!
(読みました!感想はコチラ♪)

続編の感想も書きました。よかったら読んでください
「図書館危機」

最終巻も読みました。よかったらどうぞ♪
「図書館革命」

スピンアウト作品
「別冊 図書館戦争 もしもタイムマシンがあったら」
スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/29-7865abbe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。