スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

図書館危機―有川 浩 

図書館危機 図書館危機
有川 浩 (2007/02)
メディアワークス
この商品の詳細を見る

「図書館シリーズ」第三弾『図書館危機』です。
郁と堂上の関係がやっと一歩前進です。
郁が堂上を好きだと自覚しましたぁ!
やっとかい!!
このジレジレ感、ほんとに少女漫画ですね。
このシリーズ、冷静になったら負けです。このベタ甘に乗っかって存分に楽しみましょう♪


シリーズが進むにつれ、図書館から離れていっている気がしないでもないですが、それぞれに重いテーマが掲げられている点は変わりません。


「三、ねじれたコトバ」では床屋の祖父に育てられた俳優 香坂が家族のエピソードを語ったムックが発売されることになったのですが、『床屋』という言葉が差別用語にあてはまり、『理容師』『散髪屋さん』に書き換えられたことを憤ります。


実家が床屋である身から言わせてもらえば、床屋って言葉に差別的な意味合いをわざわざ見出して防御線を引いているとしか思えない。
決めた人たちはありがたい気遣いのつもりかもしれません、でもこっちからすれば「何様だ」って話しですよね。
差別しているのはむしろお前らだろうって言いたい。



この本は思い切りフィクションですが、『床屋』という言葉は現実に軽度の放送禁止用語に指定されているそうです。
差別って、受ける側がそう感じた時に初めて差別と言えると思います。
感じ方は受ける人間によって違いますし、与える人間によっても、その時の状況によっても異なってきます

与える側が受ける相手をどこまで思いやれるか、が重要だと思うこの問題を杓子定規に線引きしようとするから捩れてくる言葉。
決して対岸の火事ではないと思います。


あぁ!!たった10日で追いついちゃったよ!
次の『図書館革命』発売まで1ヶ月もあるよ!ってか、図書館で借りようと思ったらどれだけ待てばいいんだ!?

買うか、買うまいか。またもや葛藤の日々です。(とっとと買え)



前作の感想です。こちらもどうぞ♪
「図書館戦争」
「図書館内乱」

最終巻も読みました。よかったらどうぞ♪
「図書館革命」

スピンアウト作品
「別冊 図書館戦争 もしもタイムマシンがあったら」

スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/30-74a21053

図書館危機/有川浩

図書館危機/有川浩 図書館シリーズの第3弾です。 前半は恋愛編、後半は戦闘編、間に「差別用語」編が挟まっています。 先に目次を読むとネタバレになってしまうという恐ろし...

  • [2007/11/06 21:56]
  • URL |
  • 仮想本棚&電脳日記 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。