スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

レインツリーの国―有川 浩 

レインツリーの国レインツリーの国
(2006/09/28)
有川 浩

商品詳細を見る
向坂 伸行は10年前に読んで衝撃を受けたライトノベルをある日ふと思い出し、インターネットでそのシリーズの感想が書いてあるサイト「レインツリーの国」を見つけた。
そこでの感想に共感した伸行は、サイト管理者「ひとみ」にメールを出し、それをきっかけに、二人は言葉を介して強く繋がっていく・・・。


こちらの本は「図書館内乱」の中で、ある事件のきっかけに使われる小説を、有川さんが書いて出しちゃった本です。
「図書館内乱」では、素敵な本として紹介される一方、「買う価値はまったくない」本と酷評される、という難しい役どころ(?)のこの本は、確かに読む人によっては評価が分かれるものかもしれません。

しかし、人と人が惹かれあい、少しずつ互いの距離を測りながら、相手を思いやりながら、手探りで関係を繋げていく。
その過程をこれだけ丁寧に、率直に書かれている小説も珍しいのではないでしょうか。


どうか、あの人が私を幸せにしてくれたように、私もあの人を少しだけ幸せにできますように。
意固地な私があの人をあまり傷つけずに済みますように。


こう願った気持ち、どうしてすぐに忘れるんだろう。

初心を思い出させてもらえた小説でした。


※ こちらを読んで、思わずぐふぐふ笑ってしまいました。
有川さん、旦那様と良いご夫婦なんだろうなぁ♪
WEB本の雑誌>【本のはなし】作家の読書道>第68回:有川 浩さん



スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/36-8b06568f

「レインツリーの国」を読む

本ブログ(勝手に)推奨の小説家、有川浩さんの「レインツリーの国」です。新潮社からの作品として、またメディアワークス以外から出版されるものとしてもはじめての作品になりますね。ところが、これって、「図書館内乱」を読んだ読者には「ニヤリ」とさせるお話なんです...

  • [2007/10/15 23:37]
  • URL |
  • 怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。