スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

晩夏に捧ぐ-大崎 梢 

私が住んでいる静岡県西部は、台風の大きい被害はあまり聞きませんでしたけど、関東・東北地方は大変なようですね。
主人は昨夜、ずぶ濡れになりながらですが、無事帰宅しました。


「成風堂書店事件メモ」シリーズ出張編-「晩夏に捧ぐ」

杏子と多絵が、本屋探偵の腕を買われ、杏子の元同僚の勤める書店の幽霊騒動の謎を解くため、長野まで出張する長編です。

書店に出没する幽霊が、27年前に起こった有名作家殺人事件の犯人で、その2年後に病気で死んでしまった作家の弟子なのではないか?
という噂のため、その事件の関係者にその弟子について聞いて周り、幽霊騒動どころか、27年前の真相も突き止めてしまう。というお話です。
こう書くと、なんだか支離滅裂な話みたいに見えますね。jumee☆faceA109 すみません、私が説明力不足で。


このシリーズは、『本屋で起こった本屋にまつわる事件を、本屋さんが解く!』ということに面白さがあるためか、本屋さんを飛び出して聞き込みをするという今回のスタイルに、前回と比べてちょっと・・・。って方がいるようですね。

私の感想としては、様々な人たちの書店『まるう堂』への深い愛情が、とても丁寧に書かれいる所や、また『まるう堂』の棚に、自分の本が並べられるのを夢見た弟子の人物像が、色々な人物の視点から少しづつ浮き彫りにされていく様など、とても面白く読ませていただきました。


この作品を読んで、あらためて思ったんですが、私は多絵ちゃんより、杏子さんの方が好きですね。多絵ちゃんのように際立った所は無いんですが、本屋に対しての愛情がとても深い所など、このシリーズの根っこは杏子さんな気がします。



晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編> (ミステリ・フロンティア)晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編> (ミステリ・フロンティア)
(2006/09/30)
大崎 梢

商品詳細を見る
弟子の過去話、実はヤバイ話になるかと思っていた。
スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

先日は私nacoのブログにコメントをありがとうございました。
早速お邪魔させていただきました♪

私も本が好きで、ちょこちょこ読んでいるんですが、
あまり新規開拓しておらずこの作家さんのことは知りませんでした。
でも、先にあげてらした「配達あかずきんちゃん」といい、かなり面白そうですね。
本好きには堪らない内容みたいで。
読んでみようと思ってます。

コメントありがとうございます

nacoさん、こちらこそコメントいただきまして、ありがとうございました。

私も最近さっぱり新規開拓出来てませんv-393

この「成風堂書店事件メモ」シリーズは3冊出てますが、おススメですよ。

また、そちらにもお邪魔しますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/4-95702b49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。