スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

ふたつめの月―近藤 史恵 

ふたつめの月ふたつめの月
(2007/05)
近藤 史恵

商品詳細を見る

「賢者はベンチで思索する」の続編です。お先にこちらをどうぞ。


七瀬久里子は、鬱々とした毎日を送っている。
契約社員を経て正社員に採用された会社を2ヶ月でリストラされ、お付き合い直前だと思っていた彼はイタリアに留学に行ってしまったのだ。
クビになってしまったことを周りに言えず、悩みながら愛犬のアンとトモの散歩をしている時、久里子は赤坂老人に再会するのだが・・・。


「賢者はベンチで思索する」の最後では、前途洋々だった久里子が再び奈落の底へ・・・。
しかし、今回は久里子を癒してくれる存在がいます。表紙のワンコ達です!

久里子落ち込む → アンとトモに慰められ、癒される(読者も癒される) → 赤坂老人問題解決!

という図式が今回成立いたしました!


歩きながら、二匹はときどき振り返る。そのときの顔があまりにもうれしげだから、久里子もつい、笑顔になる。久里子が笑うと、二匹はまた振り返る。まるで、久里子の笑っている顔を確かめようとするように。


可愛い!可愛いすぎる!!(すみません。犬が関わると冷静でいられなくて・・・)
前回同様、久里子が将来を悩みながら少しずつ成長していくお話しなのですが、二匹の犬のお陰で明るい気持ちで読み進められました。

久里子も、前作に比べとても大人っぽくなっています。
人の気持ちを慮り、自分が辛い時でさえ相手を心配する様子は、充分に大人の女性を感じます。


久里子は、もう子供じゃないから知っている。
人生には、ときどき、有頂天になるような素敵な夜があるけど、そこで、めでたしめでたしで、世界が終わるわけではない。
そのあとも、物語は続いていって、幸福な夜は、そのほかの幾千の、どうでもいい夜に紛れてしまう。心の中で、化石みたいに干からびてしまう。
だけど、そんな化石を胸に抱いていられることは、とても幸せなことなのだ、と。



近藤 史恵さんのお話は人の心を表すのがとても上手で、唸らせられます。
久里子と一緒に心を自在に上下させられ、最後にじんわり優しい気持ちにしてもらいました。


スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/41-cd0d27b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。