スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

NO.6♯1-あさのあつこ 

NO.6♯1 (講談社文庫)NO.6♯1 (講談社文庫)
(2006/10/14)
あさの あつこ

商品詳細を見る

2013年の未来都市《NO.6》で、紫苑は最高ランクのエリートとしてなんの不自由もない生活をしていた。
12歳の誕生日の嵐の夜に、「ネズミ」と名乗る少年に出会うまでは・・・。


ネズミがカッコいいですね♪
あさのさんの少年はみんな魅力的なので、いつもやられちゃいます(笑)
紫苑も良い子なのですが、やはりちょっと影があるキャラクターのほうが私は好みです。

もともと児童書だったのを加筆訂正し、文庫で発行されたこの本ですが、どこが変わったのかとても気になります。
結構グロイ表現や残酷な部分が多く、児童書としては引っかかりそうな所が多々ありました。
なにが引っかかるか私には分からないのですが。

しかし、沙布が紫苑に告白をする時のセリフ「あなたの○○がほしいの」「わたし、あたなと×××したいの」は流石にこのまんまじゃないですよね!(伏字にすると、なんか卑猥だなぁjumee☆faceA107
でも、ここで沙布が紫苑に言うセリフは、この表現以外はありえない、ってぐらいに嵌っています。


機会があったら、児童書版と文庫版を読み比べてみたいですv


NO.6(ナンバーシックス)#1 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6(ナンバーシックス)#1 (YA!ENTERTAINMENT)
(2003/10)
あさの あつこ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/50-daa4c812

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。