スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

仏果を得ず-三浦しをん 

仏果を得ず仏果を得ず
(2007/11)
三浦 しをん

商品詳細を見る

しをんさんの出たてホヤホヤの新刊です。
「“好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。」と帯にあるよう、文楽バカの変人ばっかり出てきます。
しをんさんの変人小説が好きな私には、好みど真ん中なお話しです。

文楽の浄瑠璃語り、太夫の若手、健(たける)は人間国宝、笹本銀太夫の弟子だ。
ある日突然その銀太夫から、三味線の兎一郎と組むよう命令される。
しかしその兎一郎は、稽古中滅多に口をきかない、楽屋にほとんどいない、食堂でプリンを五つぐらい並べてうまそうに食べている、という「実力はあるが変人」と評判の人物だった・・・。

変人ばっかで、読んでいる間笑いっぱなしでした。そのまんま漫画になりますね、少年漫画。
しをんさんの登場人物は愛すべき変人ばかりで、とても魅力的です。
こいつらが次何をやるかとワクワクして、今日一日外出していたのですが、持ち歩いて読み続けてしまいました。

文楽バカの登場人物達は、寝ても覚めても芸のことばかり、人間関係、色恋沙汰、生活すべてを芸の肥やしにしてしまいます。
女の身からすると、色恋沙汰を芸の肥やしにするのはいいけど、「遊びは芸の肥やしや」って、胸張って浮気されちゃ、納得できませんね。
自分がされたら、「寝言は寝て言え!」で、三行半しちゃいそう。
芸人の奥さんにはなれないなぁ。誰も貰ってくれないと思うけど。

とっても楽しめたのですが、自分に文楽の知識が全く無いので、そこで少し引っかかってしまいました。
こちらを読む前にしをんさんの文楽エッセイ「あやつられ文楽鑑賞」を先に読んでいた方が楽しめたかもしれません。

書店の方、是非並べて販売を!一緒に買っていく人いると思いますよ(笑)


スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

こんばんは。
文楽に情熱を注ぐ健(たける)と周囲の人間模様、楽しかったですね。
あちこちで笑えました。
そうそう、これって少年漫画になりますね~。
「あやつられ文楽鑑賞」、今からでもぜひ!です(笑)。

藍色さん、こんばんは。
TB&コメントありがとうございました。
確かに、笑えました。外で読んでいたとき、かなり怪しい人でしたよ(笑)

「あやつられ文楽鑑賞」是非是非読みたいです!
古本屋さんで売っていないか探索中です♪

こんにちは。
師匠の銀太夫に味があって良かったです。
それとミラちゃん。めっちゃ可愛かった~。
同じく文楽の知識ゼロですが、面白く読めました。

しんちゃんさん、こんにちは!

師匠味ありましたね~。男性陣どれも大好きですv
ミラちゃんも可愛くって、「健、ふったこと将来後悔するな」とか思いました。

知識ゼロでも楽しめる本ですよね。
「本を読んだら劇場へ!」の帯通り、劇場に行って文楽みたくなりました(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/65-0254b7b5

仏果を得ず 三浦しをん

装画は勝田文。装丁は松昭教。「小説推理」連載に加筆修正。 文楽に魅せられ笹本銀大夫に弟子入りして十年目の主人公、健(たける)。師匠が三味線の鷺澤兎一郎と組めと命令。「実力はあるが変人」との評判に不安な健は…。 既刊

「仏果を得ず」三浦しをん

仏果を得ず三浦 しをん (2007/11)双葉社 この商品の詳細を見る 文楽の技芸員は、大夫、三味線、人形遣い、あわせて九十人弱だ。同じ顔ぶれで、何十年も一緒に公演の日々を過ごす。基本...

  • [2007/12/26 12:59]
  • URL |
  • しんちゃんの買い物帳 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。