スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

図書館革命-有川 浩  

図書館革命図書館革命
(2007/11)
有川 浩

商品詳細を見る


きゃー!きゃーー!!きゃーーー!!!

いったい何回、本を読んでいる最中「きゃーー!!」と悲鳴をあげたんだ、私。
砂吐きまくりで中身からっぽになっちゃいましたよ。
最終巻は今まで以上の激甘で、読者の期待の上を行ってくれました。

有難う!有川さん!!大好きです!!!


さて、テーマは何時もどおり、真面目で重いです。
(※ネタバレになるかもしれません。ご注意ください)

日本の原子力発電所で大規模テロが起きた。
その仔細が小説家、当麻 蔵人の著作『原発危機』と瓜二つで、テロの教科書になった可能性を根拠に、メディア良化委員会は当麻の筆を折らせるため、身柄を拘束しようとする。
良化委員会に、唯一対抗出来得る図書館隊は、当麻を守りながら如何に戦うのか・・・。


今回は、本だけに留まらずマスメディア全体の問題が取り上げられています。
当初世論は良化委員会に傾いています。
良化委員会の理不尽な規制に対して、抗議デモや署名活動をするのは出版関係者や、当麻のファンら、本を読む人々だけです。


本を読まない人々にとってはそれも他人事だろう。何をあんなに必死になって。また原電テロがあったら恐いじゃない。テロを防ぐためなら作家の一人くらい――


図書館隊らは、この事態に対して奇策を講じ対抗するのですが、正直私は抵抗を感じてしまいました。
先日「王様は裸だと言った子供はその後どうなったか」を読んだばかりなせいか、人々の『善意』を素直に『善意』と読むことが出来ませんでした。

勿論有川さんもそこは、織り込み済みだと思います。このシリーズを通して『正義』や『善意』に対して、ずっと疑問を投げ続けていましたから。

やはりこれは、あとがきにあるアレを期待するしかないですよね。
電撃文庫MAGAZINE創刊号に、図書館戦争シリーズのスピンアウト短編が載るみたいですし、スピンアウト短編集を楽しみに待っています。

あと「図書館シリーズ」図書館借り組としては、一日も早く文庫化してもらえるよう、出版社様に念を送り続けます!!○〇o。\(>_<)
是非、お願い致します。


前作の感想です。こちらもどうぞ♪
「図書館戦争」
「図書館内乱」
「図書館危機」

スピンアウト作品
「別冊 図書館戦争 もしもタイムマシンがあったら」
スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

こんばんは。
激甘でしたね~。
私も何度も悲鳴をあげちゃいました。
重いテーマ、「正義」「無関心」 「善意の押し付け」について語りながら
第一級のエンタメを作り上げた有川さんに感動・感謝ですよね。
そうでした!同じく図書館借り組なので「図書館シリーズ」文庫化、熱望しましょう!!。

12/01の記事…コメント、直ってよかったですね。
恥ずかしいですけど、お役に立ててうれしかったです。
これからも、よろしくお願いしますね。

藍色さん、こんにちは。
ほんと、悲鳴あげちゃいますよね。
こんな楽しい本を作ってくれて、有川さんに、感謝!です。

コメントの件、本当に有難うございました~m(_ _)m
は、恥ずかしかったですか!す、すみません。こっちでもお礼を言いたくって。削除しときます。ごめんなさい。

これからも、よろしくお願いいたします。

さっそく…

原子力発電所へのテロって、いろんな作家さんが書いてますよね。
それをそのまま利用するなんて、なんて素敵なヒトなんでしょうか(笑

TB,コメントありがとうございました。

juzjiさん、こんにちは。
TB、コメントありがとうございます。

>原子力発電所へのテロって、いろんな作家さんが書いてますよね。
そうなんですか!そういった本はあまり読んだことがないので、知りませんでした。
作家さんには、人ごとではない問題ですよね。

私は、昔あった毒入り飲料の事件を思い出しました。
事件を小説や映画のせいにする世論に、すぐ憤慨しちゃいます(苦笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/66-2ba0482b

「図書館革命」を読む

本ブログ、勝手に推奨作家である有川浩さんの新作ですよ。図書館シリーズ完結編、「図書館革命」読みました。とうとう、終わっちゃいましたね。出版される前は楽しみでしたが、読み終わった今となっては、なんか寂しい感じ。シリーズ物が終わると、いつもこんな感じですよ...

  • [2007/11/26 00:17]
  • URL |
  • 怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】 |
  • TOP ▲

図書館革命 有川浩

イラストは徒花スクモ。書き下ろし。『図書館戦争』シリーズ第4弾完結巻。原発襲撃テロから作家を狙うメディア良化委員会。司法対決も描きながら今回の任務は要人警護。過去の事件の後日談もさりげなく織り込まれ、「無関心」 「善意の

【図書館革命】 有川浩 著

正化三十四年、一月―― 福井県は敦賀原子力発電所が深夜、大規模な襲撃を受けたのである。 おぉ、いきなりヘビーな始まりかよ [:冷や汗:] 年始、原子力発電所を襲った国際テロ。 それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト・デイ)の始まりだった―― ついにメ...

  • [2007/12/17 19:05]
  • URL |
  • じゅずじの旦那 |
  • TOP ▲

図書館革命

著  者:有川浩出版社:メディアワークス出版日:2007年11月30日初版評 

  • [2007/12/25 15:58]
  • URL |
  • 本読みな暮らし |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。