スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

ぐるぐる猿と歌う鳥-加納 朋子 

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)
(2007/07/26)
加納 朋子

商品詳細を見る

小学五年生の高見 森(シン)は父親の転勤で、東京から九州に転校してきた。
住む所は会社の工場の社宅。同じ平屋の建物が一帯に整然と並んでいる。
森は誰も上がらない体育館の屋上から眺めた時、一面の社宅の屋根に思いがけないものを見た・・・。


最初に本を開いて思わず「文字でっか!」と突っ込んでしまいました。
こちら講談社の「かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド」の一冊だったんですね。知らなくてビックリ。
有栖川さんの「虹果て村の秘密 」だけ既読ですが、色々出てるんですね。ううん、他も面白そう!

少年少女のためのお話のためか、少年少女たちが主人公です。少年探偵団みたい♪
しかし、みんなびっくりするぐらい聡明です。
探偵役のパックは勿論、森や他の子どもたちの名推理なこと!大人顔負けです。

ちりばめられた様々な謎が解けて行き、やさしい気持ちが残る所は、さすが加納さん!
あとがきに加納さんが「ちゃちゃちゃ探偵団」(笑)発足!で続編を書きたいと仰られてますので、是非是非期待ですね♪
父親の転勤が多い彼らに、別れが少ないことを願ってしまいます。

スポンサーサイト

☆ブログランキングに参加しています☆
押していただけると、とっても嬉しいです

FC2ブログランキング

コメント

こんばんは。
生き生きと元気で明るい子どもたち、魅力的でしたね~。
あたたかな気持ちで楽しく読むことが出来ました。

有栖川さんの「虹果て村の秘密 」楽しかったですね。
ミステリーランド、ほとんど読んでます。でも記事は少なくて・・
二階堂黎人さんの「カーの復讐」は古い翻訳ミステリの味で面白かったですよ。
ちょっとおすすめです(笑)。

カウンター1000回突破、おめでとうございます。
これからも記事を楽しみにしていますね。
今度は、届きますように…。

藍色さん、こんばんは。
TB&コメント有難うございます。
何度もコメントさせてしまって、申し訳ありません!ご迷惑お掛けしました。

>二階堂黎人さんの「カーの復讐」は古い翻訳ミステリの味で面白かったですよ。
わーい、オススメ教えてくださって、ありがとうございました。
他のも読みたいと思いながら、どこから手を付けて良いか分からなくて思案していた所です。
読んだら是非TBさせてください♪

>カウンター1000回突破、おめでとうございます。
有難うございます。細々と続けて行きたいです。
これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arazomef4987d.blog118.fc2.com/tb.php/68-03301b2e

「ぐるぐる猿と歌う鳥」加納朋子

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)加納 朋子 (2007/07/26)講談社 この商品の詳細を見る 小学五年生の高見森(シン)は腕白で、危ないといわれる遊びが大好きだった。そんなシンが東京から北九州の社宅へ引っ越してきた。主な

  • [2007/11/29 16:39]
  • URL |
  • しんちゃんの買い物帳 |
  • TOP ▲

『ぐるぐる猿と歌う鳥』 加納朋子

表紙の猿と鳥のイラストを見てナスカの地上絵みたいだな、と思っていたら、まさにそれだった。もっとも、ミステリーサークルの謎自体は、物語の本筋とはあまり関係ない。けれど...

  • [2007/11/29 21:05]
  • URL |
  • 本虫のふん |
  • TOP ▲

ぐるぐる猿と歌う鳥 加納朋子

装画・挿絵は久世早苗。講談社ミステリーランド。 主人公で語り手の高見森(しん)には腕白で乱暴者のレッテルが。五年生進級の春、父親の転勤で東京から北九州市へ。引越し先の社宅の子どもたちとの交友。猿とは?そして鳥とは?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。